メンテナンス(”美しいガーデン”をつくるためのお庭の維持管理)    

わたくしたちが最も力を入れているのがメンテナンス(維持管理)です。メンテナンスでつくるガーデンです。カッコいいガーデンとは美しいガーデンです。美しいガーデンは、設計して、植えて、年に2回程度のメンテナンスをするだけでは、絶対にできません。日々のメンテナンスをし続けることのみによって”美しいガーデン”はつくられます。私たちgreen teamは、一つ一つの植物がいつも生き生きとすることで、その庭の最も魅力的な状態が保たれると考えています。庭はつくって終わるのではなく、メンテナンスをし、育てることで、人の手が入り、その場所に馴染み、生き生きと美しくなっていくからです。園芸の一番の楽しみは、メンテナンスです。この高温多湿の日本でずっと綺麗なお庭を維持するのには、楽しみがなければやっていけません。楽しむためには、少しの知識が必要になりますが、メンテナンスの楽しさをお伝えするのがわたくしたちの使命です。グリーンチームのガーデンデザイナーもたくさんの失敗を積み重ねてきました。メンテナンス(維持管理)をお任せいただくことで、わたくしたちが積み重ねてきた経験のエッセンスをお伝えすることができます。庭の枠組みをつくるガーデンデザイン(装飾技術)と植物知識をみなさまにお届けし、多くの方々にメンテナンス(維持管理)を楽しんでいただけるような道筋、土壌を形成できたらと思います。草花を美しく育てるのにほったらかしで良い(意図的なほったらかしは必要です)ということはありません。園芸家は、十二ヶ月(一年中)やることがあります。よく樹木や草花との対話と言われますが、手をかけずとも目をかけることが樹木や草花にとっては、大切です。メンテナンスの基本は、風通しと日当たりを確保するための剪定(花殻摘み含む)です。これらを行うことは、害虫予防と株や樹木自体の新陳代謝の効果があります。気候に合わせて適切な時期に先手先手で働きかけていくことで、息をのむような美しい庭がつくられて行きます。コンテナガーデンのような鉢植えでは、最も難しいと言われる、”水やり”をマスターすることも必要となります。やりすぎで枯らしてしまうことが一番多く、その次が皮肉なことに水切れ(やらなさすぎ)です。いかに水やりが難しいか、樹木や草花との対話によるタイミングを知ることがではじめて水やりをマスターできます。室内植物やコンテナガーデンのメンテナンス(維持管理)においては”水やり”も重要な一つとなります。

green team のメンテナンスの特徴

green team のメンテナンス

毎月メンテナンスを行います。

樹木や草花にとって最適な時期に最適なメンテナンスを実施することができ、ずっと美しいガーデンを維持することが可能となります。月に1回の専門的なメンテナンスで日々のメンテナンスを楽しんで行っていただけるように道筋をつくります。樹木や草花の生き生きとした本来の姿を実現いたします。

一般的な造園会社のメンテナンス

日本で一般的な多くの造園会社が採用している、8月と12月などの年2回程度、大幅な剪定や刈り込みを行います。メンテナンス直後はさっぱりと綺麗になりますが、それ以外の季節は、美しく保てず、強剪定を行うことになるので、樹形も乱れ時が経つほどに美しくすることが難しくなります。3年、5年先を見据えて毎年刈り込まず、枝をすかすのが理想です。